platinumとplatinumを核融合したのに原子番号156の原子が出来ないなんでなんでなんでなの科学おかしい科学おかしい。

いいですか。
わたしなにもおかしな事は言ってませんよ。



当たり前の事を、
当たり前に言ってるだけなんです。



おかしいのは、わたしじゃないんです。
あなた方がおかしい。



具体的に言うとあなたがおかしい。
あなたがおかしくて、あなたもおかしい。



はいそこあなたもおかしい。
みんなおかしい。




あなた方ね。
全員おかしい。



まともなのはね、わたしだけですよ。
わたしだけ。



この世界にまともな人間は1人しか居ない。
誰かわかりますか?



誰の事言ってるかわかりますか?
教えてあげましょうか。うんわたしですよ。



あなた方はおかしい。
あなたがた。全員おかしい。



いいですか。
あのねえ。







原子番号1のhydorogenと、原子番号1のhydorogenを核融合したら、原子番号2のheliumが出来るんです。いや知りませんよ。出来るんでしょう。出来るらしいんです。これはね、わたしが言いだしたんじゃないんです。わたしが勝手に言ってるわけではないんです。あなた方が言ったんです。あなた、あなた、あなた、みんなして言ったんです。「原子番号1のhydrogenと原子番号1のhydorogenを核融合したら原子番号2のheliumが出来ますよー」ってあなた方が言ったんです。科学。科学が言ったんです。わたしじゃないです。科学が言ったんです。あなた方科学でしょう。あなた方が言ったんですよ。話はね、それだけじゃないんです。それだけの話ならばね、そういう事もあるんだな、ってって思うだけです。でもね、それだけにおさまらないんですよ。




hydorogenだけじゃないです。
hydorogenだけじゃないんですよ。

ね。
いいですか?




原子番号2のheliumと、原子番号2のheliumを核融合したら、原子番号4のberylliumが出来ます。出来るんです。知ってますか?知ってる?知ってた?ああそう。知ってる。そうね。わたしは何もおかしな事は言ってない。あなたの知っていることを、あなたの知っている通りに言った。正常ですよ。わたしは正常。至って正常。これは、あなた方が言い出したんです。「これが科学やー」言うて。あなた関西?あ、九州。九州にも科学なんて有るんですね。ちょっと無さそうな雰囲気だけど有るんだね。九州にも。まあ遠いとこから。よくお越しになって。それは良かった。それでね、核融合です核融合。hydrogenとhydorogenを核融合しました。heliumが出来ました。原子番号2のheliumが出来ました。heliumとheliumを核融合しました。beryllium出来ました。ここまでいいですか?付いて来れてますか?オーケー?おーけー。うん。大丈夫ね。大丈夫ですね。原子番号1。原子番号1ですよ。




原子番号1に、原子番号1を核融合しました。
原子番号2が出来ました。

1足す1で2です。
いちプラスいちイコールつぅーですよ。
数学。
ね。
数学ですよ。
これ数学。
簡単な数学ですわ。
数学は正しい。
あなたがた。
あなた方は何ですか?
一体なにですか?
はい科学。
科学ね。
あなたがたみんな全員科学。
ここに居るの全員科学。
科学はおかしい。
頭おかしいですよ科学。
しょしょ正、しょう、いや、話戻しますけどね。




原子番号1に、原子番号1を核融合しました。
原子番号2が出来ました。

原子番号2に、原子番号2を核融合しました。
原子番号4が出来ました。




わかりやすいですね。
続けてみましょうか。


原子番号4。
次の原子です。



原子番号4。これにね。原子番号4を核融合してみます。berylliumに、berylliumを、核融合します。してみます。実際にはしません。実際にはしません。設備が無いです。時間ももったいないです。それにね、そんな事は出来ません。わたしには出来ません。berylliumを必要としている人が、この地球上には大勢居るんです。いっぱい居るんです。「あー、beryllium欲しいなー。今日はberyllium食べたいなー。beryllium飲みたいなー」って言ってる人が大勢いる。飢えているんです。苦しんでるんです。berylliumが足りなくて困っているんです。

そういう人が居る。それも1人や2人じゃない。大勢居る。この青く美しい水の惑星、プラネット・THE・アースには、berylliumが足りなくて困っている人が大勢居るんです。人だけじゃない。鳥も魚もberylliumが無くて困ってるんです。みんな辛いんです。苦しいんです。そういう人が居るのに、それも1人2人じゃなく、大勢居るのにね、berylliumとberylliumを核融合して、他のものにしてしまうだなんて、それは鬼畜の所業です。言語道断。極悪非道。暴虐無人。毛沢東。マオツァートンですわ。マオツァートン。

わたしはね、そういう人間じゃない。こころが清らかです。わたしは心が清らかな人間なんです。berylliumが欲しいって言ってる人がこんなにも大勢存在する世界において、berylliumとberylliumを核融合して他のものにしてしまおうなどという、エゴ。エゴわかる?日本語で言うとなにかなあ。日本語で言うとねえ、ろくでなし。ろくでなしですよ。

berylliumとberylliumを核融合して他のものにしてしまおうなどという、ろくでなしでは無いんです。違うんです。こころ清らかな人間なのです。みんな言っています。「真性引き篭もりhankakueisuuさんみたいな優しい人はいないよ」って。そうなんです。これはわたしが自分で言ったんじゃないです。みんなが言ってるんです。まあね、幸いな事にね、実際にわたしはね、そういう人間なんです。酷い事は出来ない。悪い事は出来ない。この世界からberylliumを消滅させる事なんて出来ない。

だって出来ますか?
ちょっと逸れますけどね。

おはぎ、おはぎあるでしょう。おはぎね。「おいしいおはぎを作ったよー」って喜んでいる人からおはぎを奪い取って、台湾ラーメンにポーーーンと放り込んで、台湾おはぎラーメンの完成だあ!!!!って言うような人間。それは最低な人間です。核融合とは、そういう事なんです。地球の歴史、いいえ、宇宙の歴史を否定する行為なんです。長い長い歴史の中で、何百億年という歴史の中で、やっとのことで、遂に、遂に、berylliumというものが完成したんです。そのberylliumを、核融合で他のものにしてしまうなど、エゴです。エゴ。それはエゴです。ろくでなし。血も涙も無いろくでなしです。




だからね。
わたしはね。

実際にはしません。
核融合しません。

ただね。
もしも核融合したら。

どういうものが出来るか。
何が出来るか。




beryllium。berylliumです。berylliumとberyllium。2つのberylliumを核融合します。何が出来るか、知っていますか?あなた方科学でしょう。今日来てる人はみんな科学でしょう。知ってる人居ますか?居ますか?居ません?酸素?酸素?酸素?あなたどこの大学出てるの。京都。京都大学。京都か。うん。なるほどあそこはアホしかいないね。

あのね、今ね、わたしは原子の話をしているの。酸素の話はしてないんです。berylliumの話をしてるんです。人の話を聞いてください。しっかり聞いてください。そして考えて、自分の頭で考えて、それから答えてください。そんなんじゃあねえ、世の中生きて行けませんよ。人の話はきちんと聞かないとだめです。これは優しさです。優しさで言ってあげてるんです。世の中をね、甘く見ないでください。甘く見ないでください。質問をしかっり聞いて、それから答えてください。いいですか。もう一度だけ言います。

わたしは優しい人だから、もう一度だけ聞きます。berylliumの話です。berylliumの質問です。わたしは答えを知ってるけれど、あえて聞きます。質問します。これだけ大勢の科学が居るんだから、1人くらいはご存じでしょう。berylliumとberylliumを核融合したら、何が出来ますか。はい。いませんか?誰も居ませんか?居ないならわたし言うよ?これだけ科学おって1人もいな、ぁ。はい正解。あなた正解。そう。そうです。ご名答。oxygenです。oxygen。あなたどこ。東大。ああそう。やっぱり東大やね。東大は違う。うん。そうなんです。berylliumとberylliumを核融合したら、oxygenが出来るんです。





これねえ、もうねえ。
わかった人おると思うですよ。


oxygenの原子番号。
さて、幾つでしょう。


ヒント言いますよ。
berylliumは4です。


4と4足してoxygen。
ハウマッチ。ハウマッチoxygen。


もうね、あなた方に聞きません。
わたしが答えます。





科学。
わたしもう信用しません。
信用してません。
信用ならん。
でたらめやもん。
そんなんでたらめ。
だからね、わたしが言います。
わたしが答えます。
oxygenの原子番号。
それは、8です。





4と4足してoxygen。
oxygenこれ8なんです。





1と1を核融合すれば2が出来る。
2と2を核融合すれば4が出来る。
4と4を核融合すれば8が出来る。
78と78を核融合すればしたら何が出来るか。
そんなものはね、もうわかりきった話ですよ。





あのね。
わたしね。


何一つおかしい事は言ってません。
当たり前の事を、当たり前に言ってるだけなんです。


不思議な事は何一つ無い。
中世じゃないんですよ。
今は中世ではない。





それはね、もしも今が中世だったならば、世の中には不思議な事がまだいっぱいあったのです。あれがわからないなあ、これがわからないなあ、そういものが、当時はまだ沢山ありました。わからなくて困っ、わからなくて大変だ、得体の知れない世界の中で、誰もが苦悩し、のたうち回り、不幸せの中で死んでいったんです。ところが今は違います。人類。みんな頑張りました。1人1人が頑張りました。誰が頑張ったっていうわけではありません。みんなが頑張ったんです。我等人類みな兄弟です。兄弟ったってあれですよ。京都大学じゃないですよ。我等人類みな京都大学ならそんなものもうおしまいです。滅びます人類滅びます。とおの昔に滅んでいます。兄と弟の兄弟ですよ。そっちの方の兄弟です。

それでね。みんな頑張りました。わからないこと、謎に包まれていること。一つ一つ調べていきました。不思議なことを、一つ一つ解き明かしていきました。結果として、いろんな事がわかった。様々な事がわかった。いっぱいわかった。みんなわかった。全部わかった。100年200年300年。何もかも全てわかってしまった。そして、今は現代です。現代には、わからない事なんて残っていません。ないんですよ。ありません。もう残ってないです。1つも無いです。全部わかってしまっている。はくじつのもとに晒されてる。だから不思議は無いんです。この世界に不思議はありません。もうありません。これは不思議では無いのです。1に1を核融合すれば2が出来る。2に2を核融合すれば4が出来る。なんの不思議もないです。シンプル簡潔。白陵名実。ピンピカピンですよこれはピンピカピン。





そしたらね。
ちょっと面白い事言ってあげましょうか。


原子番号4のberyllium。
原子番号1のhydrogen。

この2つ。
核融合するとどうなるか。

なんとですよ。
なんと、原子番号5。

原子番号5の。
boronが出来るんです。





つまりこれは足し算です。簡単な足し算です。1足す1は2。2足す1は3。3足す1は4。簡単な足し算です。5足す5は10で、10足す10は20です。核融合とは、そういうことなんです。100足す100は200で、1000足す1000は2000なんです。僕は何もおかしな事を言っていません。当たり前の事を、当たり前に言ってるんです。核融合とは、そういうものなんです。だからね、わたし、今朝ね、朝から、核融合しました。してみました。ちょっと核融合してみようかなという気分だったんです。だから、核融合をしました。試しにやってみました。platinumに、platinumを、核融合しました。platinumの原子番号は78。78です。簡単な話です。足すだけです。





78と、78を、核融合。
156が、出来ません。




はい?
おかしいでしょう。


こんなもんおかしいでしょう。
おかしい以外の何物でもないですよ。


あたまおかしい。
あなた方科学。
みんなおかしい。
あたまおかしい。




そんなもんおかしい。
絶対におかしい。
明らかにおかしい。
完全におかしい。


78と78を核融合したら、156が出来るんです。
出来なければおかしいんです。


なんでなんですか。
なんで出来ないんですか。




78に78。156。
出来る。絶対出来る。
出来る。これは出来るもん。
出来る。出来るのが科学。
それが本当の科学。


あんたらね、俺は科学だぜみたいに肩で風切って歩いてますけどね。
わたしに言わせたらあんたら科学ちゃうよ。


疑似科学。
おまえら疑似科学。


にせもん。
ばったもんやばったもん。


わからんか?
なんでわからんか?


78に78。
156でしょう。


そんな事もわからんか。
そんな事もわからんならなあ、
幼稚園からやり直してこい。
幼稚園ちゃうわ。
保育園からやりなおしてこい。
いや戻れ。
精子に戻れ。
生まれて来んな。
戻った上で生まれて来んな。


おかしいやろ。
どう考えてもおかしいやろ。

なんでやねん。
なんででけへんねん。








いちにいさんしいごおろくななはちきゅうじゅう
hydorogen、
helium、
lithium、
beryllium、
boron、
carbon、
nitogen、
oxygen、
fluorine、
neon。

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとです。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと続くんです。







じゅういちじゅうにじゅうさん
sodium、
magnesium、
aluminium。

じゅうようんじゅうごじゅうろく
silicon、
phosphorus、
sulfur。







ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと続きます。


ごじゅうろくじゅうななじゅう
stannum
neodymuium
ytterbium

はちじゅうきゅうじゅうひゃく
mercury
thorium
fermium







ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと。
この先ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと続くんです。







なのにね。
なのにね。

78に、
78を、
核融合したら、
156にならない。






なんで。
なんで。
おかしいでしょう。
おかしいでしょう。
アホですよこんなもん。
アホですよこんなもん。





platinumにplatinumを核融合すれば原子番号156の原子が出来る。あたりまえです。普通の話です。何もおかしな事は言ってない。当たり前の事を当たり前に言ってるだけ。どうして。なんで。なんで出来ない。おかしい。科学おかしい。おかしいですよこんなもんふざけてますよ。78に78を核融合すれば156が出来る。156にplatinumを核融合すれば234が出来る。原子番号234の原子にplatinumを核融合すれば、原子番号312の原子が出来る。出来るんですよ。

僕なにかおかしい事言ってますか?言ってませんよ。何もおかしな事は言ってない。もの凄い至極真っ当な事を言ってるだけですよ。あたりまえの事をあたりまえに言ってるだけです。なんで出来ないんですか。おかしいでしょう。いいですか?もう一回言いますよ?飲み込みの悪い人の為にもう一回言いますよ。あなた方あたま悪いですからね。僕みたいに頭良くない。単純な足し算も出来ない。ええとこの大学出とってこんな簡単なこともわからん。穀潰しですよ。穀潰し。産業NEETですわ。

いいですか。原子番号1のhydorogenと、原子番号1のhydrogenを核融合したら、原子番号2のheliumが出来る。これ僕が出来るって言ってるんちゃいますよ。どっかのえらい科学者さんが、出来るって決めたんです。決めはったんです。出来ますーって決めたんです。それでノーベル賞とかも貰ったんでしょう。知らんけどね。僕は知らんよ。でもまあ多分もらったんでしょうな。heliumが発見されたのが1800年くらいやから、その頃のノーベル賞でしょうね。貰いました。1820年から1830年くらいかな。ノーベル化学賞貰いました。1825年に貰いました。だから出来るんです。原子番号1と原子番号1を核融合したら、原子番号2が出来るんです。

原子番号2。はい。何か知ってますか?「helium」。正解。あなた偉い。かしこい。僕さっき言いましたもんね。原子番号1のhydorogenとhydrogenを核融合すれば、原子番号2のheliumが出来ますよって。僕が最初に言ったんです。こんなん特許とおんなじでね、最初に言ったのが一番偉いんですよ。特別なんです。プレシャスなんです。最初が偉い。最初だけが偉い。僕ですよ。あなたじゃない。僕だけが偉い。言うならばジョブスですわ。ジョブス。僕がジョブスです。スティーブジョブスです。真性引き篭もりhankakueisuuスティーブジョブスです。ちょっと長いけどね。

あとからならなんぼでも出来るんです。「ipad作れますー」みたいな事言う人は大勢居るでしょう。そらね、実際に作れますよ。サムソンでも、ノキアでも、誰だって作れます。ナショナルでもパナソニックでも作れますわ。あんなん誰でも作れます。ボタンの無い白い携帯電話。あれも作れます。誰でも作れます。簡単に作れますわ。けどね、最初に作らないと意味が無いんです。ジョブスは最初に作りました。だから偉いんです。僕と同じです。僕が最初に言った。hydrogenとhydrogenを核融合したらheliumが出来ますよーって最初に言ったのは僕です。だから僕が偉い。僕だけが偉い。あなた方みたいなね、一般peopleとは違うんです。一般peopleって英語でなんて言うか知ってますか?パンピーですよ。パンピー。あなた方は全員パンピー。僕がジョブスです。この中で僕だけがジョブスです。真性引き篭もりhankakuジョブスです。

いや違います。
違います。

僕はジョブスじゃないです。あんなんと一緒にしないでください。あれアホでしょ。アホ。あいつどこでしたっけ。スタンフォード大学。あそこはね、アホの行くとこです。アメリカのFラン。Fランク大学ですよ。日本で言うと京都繊維大学とかその辺ですよ。繊維て。21世紀に繊維大学て。どこからどう見てもFランでしょう。名前聞いただけでわかりますよ。そりゃあねえ、繊維も昔は良かったですよ。

マルコポーロが通った道はシルクロード。シルクとは何か。それは繊維です。まあシルクの原子番号が幾つなのかは知らないけどね、雰囲気的にかなりおっきいでしょうね。シルクは美しいですから。美しいのはだいたいおっきい。おそらく、70はあると思います。70は固い。確実。シルクロードだからね。シルクって言うのは歴史の道を作った原子だから。おそらくは80台、いや90台かな。九十、、、93とか、94とか、まあその辺ですわ。シルクの原子番号は94です。94。これ確かな情報です。わたしの兄のね、同級生の、友人が大蔵官僚やってるんですけど、東大出て、アメリカへ国費留学して、オックスフォード、オックスフォードで博士号とって、原子番号の博士号とって、今大蔵官僚やってる人が居るんですけどね、その人が言ってました。だからこれは確かな情報です。裏情報です。身元保護の為に言えませんけどね、具体的にフェイスブックのアカウントとかは教えられないんですけどね、国益に関わるんで、これ国益に関わるんで。プライバシーだからね。でもこれは確かな情報なんです。シルクの原子番号は94です。みんなで94を運んでたんです。昔の話です。南北朝時代とかその頃の話です。もの凄い昔の話です。ロバとか、ラクダとか使って運んでたんです。シルクロードを運んでたんです。


シルクとは何か。
シルクとはなんぞや。


それはね、繊維です。シルクは繊維です。あの頃は大繊維時代でした。あの頃は良かった。みんな幸せだった。繊維全盛期です。もしもあの頃に京都繊維大学があったならば、一流ですよ。超一流の大学です。あの頃だけじゃないんです。繊維はずっと凄かった。豊田佐吉が作った会社。これ繊維です。豊田繊維ですよ。豊田って、あのTOYOTAなんですよ。今は車作ってますけどね、当時は繊維作ってたんです。繊維凄い。繊維の全盛期ですね。TOYOTAだけじゃないです。HONDAもNISSANも昔は繊維でした。三菱なんかも戦時中は繊維ばっかり作ってましたよ。繊維繊維言うて。それがいつの間にやら車ですよ。繊維は終わりました。完全に終了しました。もうそういう時代じゃないんです。繊維会社は全部潰れました。今はね、繊維は全部バングラディッシュです。そのバングラディッシュですら、繊維潰れました。この前潰れたんです。繊維潰れました。ぐしゃーって。バングラディッシュでも潰れたんです。繊維は終わったんです。


では今は何の時代か。
工業?いえ違います。

確かにね。
昔は工業も良かった。

でもね。
時代が違う。


今は違う。デジタルです。時代はデジタルです。アイフォン。デジタル。クーラー。デジタル。プリウス。デジタル。パソコン。デジタル。全部デジタル。みんなデジタル。今は飛行機もデジタルです。昔の飛行機は物理で飛んでいました。でも今は違う。フライバイワイヤいうてね、デジタルで飛んでるんです。今の飛行機が飛ぶのに、物理はいらないんです。デジタルで飛んでるんです。インターネットもデジタルです。料理もデジタル。風呂もデジタル。掃除もデジタル。みんなデジタル。全部デジタル。今はデジタルの時代なんです。

あとはバイオ。バイオの時代ですよ。大バイオ時代。バイオテクノロジー。バイオってのが、何をするのかは知りませんよ。知らないないけどね、テレビで言ってました。テレビ東京で言ってました。ワールドビジネスサテライトで言ってました。だからこれは確かな情報です。時代はバイオです。そんな時代に繊維大学だなんて、時期が悪い。名前見ただけでわかります。Fラン。完全にFラン。僕クラスになりますと、大学の名前聞いただけで、「あっ、Fラン」ってわかります。今は繊維の時代じゃない。大学名にバイオとか、デジタルとか、そういう単語が入ってたら、そこが一流です。超一流大学ですよ。東大阪大バイオにデジタル。これが日本の大学四天王です。超一流の四天王大学です。なのになんで原子番号78のplatinumに、原子番号78のplatinumを核融合して、原子番号156の原子が出来ないんですか。おかしいでしょう。おかしいでしょう。なんで。なんで。なんで。なんでなんですか。

こんなもんおかしいですよ。おかしい。1足す1は2。78足す78は156でしょう。計算間違ってますか?いいえ間違ってません。わたしは正しい。常に正しい。正しい事を言っているだけ。何一つおかしなことは言っていない。当たり前の事を当たり前に言ってるだけ。なのになんで。なんで。なんでなんですか。なんで核融合出来ない。核融合出来ないと困るでしょう。わたしだけじゃないですよ。みんな困る。困るんですよ。あなたも困る。わたしだけじゃ無くあなたも困る。どこかで困る。あなた方みんなが困るんですよ。わたしだけの問題じゃないんです。世界の存亡に関わる重要な事なんです。78と78を核融合出来ないと、困るんですよ。滅ぶんです。世界が滅びます。タコとか海から攻めてきますよ。ヒョウモンダコです。原子番号743のoxydtorohenっていう毒で死にます。猛毒です。一瞬で死にます。みんな死にます。

なのになんで出来ないんですか。こんなもの終わりですよ。なにが科学ですか。もうね、科学でもなんでもない。1と1を足せて、2と2を足せて、4と4を足せて、それどころか、8と1で9になる。にも関わらず、にも関わらず、78に78を核融合して156が出来ないってなんでなんですか。これがね、まだ、たとえば78と78を核融合したら、特殊条件で1560になりますとか、30になるとか言うならわかります。違う。そういうレベルにすら達していない。核融合出来ない。出来ないんです。おかしい。科学おかしい。死んだ。これはもう死んだ。科学死んだ。今しんだ。今日死んだ。あなた方科学は全員死んだ。ここから生きては出られないよ。死ぬ。今から死ぬ。いやもう死んでる。科学は死んでる。今日死んでる。昨日死んでる。一昨日死んでる。二度と生き返りません。科学が車で高速道路の壁に猛スピードでぱーんですよパーン。ぱーんっでぽーんって死にました。科学死んだ。死んだ。死んだ。科学死んだ。ざまあみろ科学ざまあみろ。ふざけんな。なんでやねん。わけわからん。意味がわからん。おかしい。みんなおかしい。全部おかしい。まともなのはわたしだけ。世界中でわたしだけ。他全部おかしい。正気や無いわ。狂ってるよ科学。ふざけんな科学。おかしいわ科学。科学おかしい。