2013年9月27日金曜日

性懲りもなく目は覚める。

暑さに負けて逃げ延びてすぐ、冬の寒さに負けようとしている。春も秋も朝も夜も、躍る心も喜びも、すべてが僕を打ち負かす。目が覚めてほら、もう頭が痛い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。