愛することは生きること。

透き通った声と眼差しで、愛することは生きることと高らかに歌い上げてみると、何も愛せない自らが水死体のように浮かび上がり、雲の無い静かな秋の空にぽっかりと浮かんで輝いている。