2013年10月14日月曜日

愛することは生きること。

透き通った声と眼差しで、愛することは生きることと高らかに歌い上げてみると、何も愛せない自らが水死体のように浮かび上がり、雲の無い静かな秋の空にぽっかりと浮かんで輝いている。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。