2013年10月3日木曜日

侭ならぬ日々の果てに

このまま落ちてゆけばどうなるのかは簡単に想像がつくほど状況は悪いが、かと言ってそこから抜け出す意思はない。失われたものは戻らず、不愉快さだけが日々蓄積されてゆく。キーボードに指を置くこともままならない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。