大雪の恐れ。

雨が降れば雨に怯え、風が吹けば風に怯える。目が覚めれば自分に怯え、眠れば他人に怯えて起きる。懸命にキーボードを叩いて言葉を繋げど、そこに浮かぶのは言葉では無い。夜中の2時に目が覚めて、眠る出もなし起きるでもなし。どうすればいいの僕はどうすればいいの。