2013年12月27日金曜日

蛇の湧く藪

あんな風にはなりたくないという言葉の裏には、あんな風にはなれやしないというあこがれが潜んでいる。それを見つけた僕は包丁を買い、二度と日の目を見れないように一粒一粒刺して回る。刺しても刺しても蛇の湧く藪はいっこうに枯れない。

泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...