やみくもに生きているだけ

よかれと思った行いが悪い結果を生んでいると言うのは簡単だけれど、それは自らがよかれと思った選択肢を選び続けてきたという幻想に縋り付きたいだけ。実際は何も思わず、何も感じず考えず、草原を転がるチーズのようにやみくもに生きているだけ。