酸素の一つも吸いたくない

もっと努力してもっと夢を見て、もっと野心を抱いてもっと必死になって頑張れば、何か少しでも心の安らぎやささやかな幸せ、小さな小さな自己満足が付いてくるのかもしれない。僕に足りないのはただ単純に欲望であり、自らの充足と自らの幸福を憎む自分自身に対する高い高いヘイトなのだと思う。インターネットを見たくない、何も食べたくない、酸素の一つも吸いたくない。