なにもないも、また遠い

指先を空の方、宙に伸ばしてすぐに嫌になり目を閉じる。