終わらないままで夜は終わる。

勝利はなく、敗北もなく、勝利を渇望する欲もなく、敗北を憎む強さもなく、ただ無念さへの憎悪だけが、鬱憤と共に身を覆い、終わらない夜を焦がす。