2014年5月3日土曜日

輝く明日が少し足りない。

大切なことを書けば大切なことが失われてしまうようで、くだらない事を書けばくだらない事が現実としてのし掛かってきそうで、何も書けない書こうとしない、努力が足りない情熱が足りない。輝く明日が少し足りない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。