悪い予感

もうずっと悪い事しか起こらなかったから、その記憶が体にしみこんでいて、悪い予感しかしない。一時は良いことのように思えても冷静に後から振り返れば全てが悪い事だった。どんな物事も無い方がよかった。この人生がのっぺりとして何事もない全くの無色透明であったならばどんなにか素晴らしい気分だったろう。悪いことが起こる。きっと悪いことが起こる。そんな予感の中で心を上方に保ち、前向きであり続けるのは簡単なことでは無い。それでも僕は思うんだ。少しは良いことだってあるんじゃないかって。そんなもの一度としてなかったし、これからもないんだけれど。