2014年8月24日日曜日

あかるさ

自分のことはもう十二分に嫌いなのに、自分に嫌われるような行動をしてしまうと落ち込む。ならば懸命に好かれるような行動を選択し続ければいいかというとそうでもなく、胸くその悪い奴が好かれようとあれこれしてくる事ほど不愉快な事はない。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...