2015年1月14日水曜日

人間は1つのことしか出来ない。

人間は1つのことしか出来ない。歌いながら歩いているように見える人は歌いながら歩いているのではなく浮かれているのであり、笑いながら目を伏せる人は笑いながら目を伏せているのではなくただ悲しいのだ。それは人に限った話ではなく、羽ばたきながら食べる物を探す鳥は羽ばたきながら食べ物を探しているのではなくただ飛んでいるだけであり、同じようにもはや人とは呼べぬ僕にしたって小さな世界の中で色んな事をしながら時には笑ったり喜んだりしているように見えて、色んな事をしながらまるで人間のように生きているのではなく、ただ泥を舐めながら苦しんでいるだけなのである。これまでもずっと、これからもずっと。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...