2015年6月11日木曜日

目を閉じて

目を閉じて自らの中に潜む憎しみを手探りで感じれば、そこにはまるで憎しみなどないようで、自分は素晴らしい人生を送っている充実した人間であるかのように錯覚する。目を開けてパソコンの電源を入れて、ウェブブラウザを立ち上げれば、憎悪を喚起する世界が広がる。インターネットがなくなれば僕は少し平和になるし、僕以外の全てがいなくなれば世界はもっとよくなる。けれども事実はその逆で、書きたい物を書けばいい。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。