2015年8月28日金曜日

夏は終わらない。

夏の終わりを指折り数えて、夏が終わる日に怯えていた事があった。夏が終わればとても悪い事が起こる強い予感があって、それは起こった。夏が終わった。夏が終わるととても悪い事が起こるという事を僕はそこから学び、その理由を辿れば自らに辿り着くという事にも気がついていた。けれども気がついた所であの夏は戻らない。それぞれの夏にはそれぞれの夏の間違いがあり、それぞれの夏はそれぞれの方法で僕の人生を破壊した。今でも夏はとてもこわいもので、夏について冷静に語る事は途方もない不可能性を伴う。夏が終わらなければいいと願った僕を今日も夏が取り囲み、囃し立てる。夏は終わったはずなのに、とても悪い事は起こって、そして去って行ったはずなのに、まだ夏はここに居る。夏の事を考えると、生まれてきたこと、生きていることへの憎しみが溢れ出す。噴火が、隕石が、核爆弾が、地球を冬にはしてくれないかと、まるで哺乳類のように思う。秋深まれば同じように秋を呪い、冬が来たら冬を同じように憎む。呼吸をすれば呼吸をした数だけ夏が訪れ、同じだけ夏が終わっていく。僕がまだ知らない新しい、痛みで汚染されていない違う季節はどこにもない。また同じ季節が来る。また同じ夏が来る。

泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...