2015年9月18日金曜日

夏過ぎて

寒くなったり、暑くなったり、頭がもやっとしたり、あらゆる努力を放棄して金魚のように口をぱくぱく。冬は寒いし夏は暑く、秋はその何れでもない分だけもの悲しい。活字と空気が通り過ぎていく

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。