ご飯を食べるのがめんどくさい。

おなかがすいて、ふらふらで、倒れそうなんだけれど、ご飯を食べるのがめんどくさい。おなかがすいたと思いながら、宙に伸ばした手を、力なく机の上に落とす。そんな日が続いて、悲しくなる。昔は食べたいものが色々あって、はやくおなかがすかないかなと、胸を躍らせたりしていたのに、今では毎日がこんな有様だ。おいしいものを食べたいと思うけれど、おいしいものを食べたいと思っているわけではなく、おいしいものが目の前に今存在していたならば、それを食べるのはめんどくさくないだろうという、少し入り組んだめんどくさいロジック。他の誰かならばご飯を食べる場面で、僕はうなだれる。ご飯を食べたところで、おなかがすいたという問題は解決するだけで、いいことなんてなにもない。ご飯を食べるのがめんどくさい。心が痩せていく。何かがある度に、僕はうなだれる。ただうなだれる。