2015年11月6日金曜日

つよく、つよく。

うつむいたら落ちてしまいそうな肩を、強い心で握りしめて、僕はまだ走れるんだって自らに強く言い聞かせる。この指が全てほどけると僕の心は死んでしまう。心が死なないように歯を食いしばって耐えたとしても、心の入っている脳が死ぬんだ。心の一存ではどうしようもない。しかめっ面をして、目を結んで、強く強く足を出すんだ。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。