科学の子

シューベルトは一週間ほど前に31歳で死んだが、毎日痛くなる心臓を見ていると、シューベルトより長く生きる自信がない。たとえば僕がシューベルトより長く生きているとすれば、それは僕の力ではなく、上水道と電気と物流の力なのだ。ちょうど僕は、ラララ、科学の子。ららら科学の一秒を、ららら科学の人生を、僕は科学に還元せずに、ただ貪って生きるのだ。