夏はもうすぐそこ

時々足を踏み外しながら、冬は高く登ってゆき、足元からうだるような暑さがにじみ出てくる。毎年同じように季節は自由を謳歌して、気まぐれに自分の居場所を決めているけれど、僕の人生に逃げ場はなく、一生をブログで終える。逃げ場の無い世界でうずくまる僕を春だけが毎年踏みつぶしていく。