2016年4月18日月曜日

たのしいことを考えてはいけない。

つらいことを考えていると、つらくなる。かなしいことを考えていると、かなしくなる。では、たのしいことを考えていると、楽しくなるかというと、そんなことはない。たのしいことを考えていると、なんとなく、それは、楽しくないことのように思えてくる。一見するとたのしそうだけれど、実際はつらいだろうなあとか、実際は悲しかったりするんだろうなあとか、いらぬ事ばかりが頭に浮かぶ。よって、たのしいことを考えてはいけない。たのしいことは、考えず、たのしくせねばならないのだ。それはなかなか簡単なことではないけれど、なんとか頑張らなければならない。たのしいことを考えず、たのしいことをせねばならぬと考えている自分は、もう完全にたのしくない世界にいて、つらかったり、悲しかったりする。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。