結果としての小倉秀夫。



la_causetteを読んで「なんだこいつまたおかしなこと言ってやがんぜ!」という反応を返すのは間違いである。なぜならば、la_causetteとは「起」ではなく、言うまでもなく「承」ではなく、無論のこと「転」でもない。

la_causetteにおいて展開されているのは、小倉秀夫というひとかどのインターネッターが流転の末にやっとこさして辿りついた「結」なのである。故に、それら結果としての小倉秀夫に対して、「それは間違っています」だとか、「それは誤りです」といった反応を返すのは、間違いであり、誤りである。

「間違い」こそが結果としての小倉秀夫であり、「誤り」こそが結果としての小倉秀夫なのである。無邪気で陽気で垢抜けない一人の小洒落た弁護士が、ブログというインターネットの荒波に飲まれ揉まれして漂った結果、「間違っていること」を誤認すり替えあらゆる手段を懸命必死に駆使してまでも、主張しブログを書き続けている、という結果なのである。

即ち、僕らが結果としての小倉秀夫から学ばなければならないのは、「インターネットでブログを書き続けていると遅かれ早かれ幾分か、小倉秀夫みたいになっちまう」という事実なのである。そして今小倉秀夫に必要なものは、「わかる、全部わかる。秀ちゃんが全部正しいの」と言いながら抱きしめてあげることのできるボンキュッボンの美少女である。そして、小倉秀夫は小倉秀夫で見果てぬ美少女ネゲット目指し、投稿ボタンへ駆け奔る。地球は丸く時は流れてエンドロールはまだ流れない。