判定基準。「今世界が滅びたら勝ち」or「今世界が滅びたら負け」



人と、人とを比較して、どちらが勝っているのかを判断するのは不可能である。子細全てを諦めて適当に「ボーナス三ヶ月分出たから勝ちだ!」とか「早漏だから負けだ!」などと決め打ちするのは簡単だけれど、それが真実であろうはずはない。

だからと言って、「人生に勝ち負けなんて無いんだ」だとか、「人生は勝ち負けなんかじゃないんだ」なんて具合に辿り着いてしまうのは、それはそれでちょっと退屈。夏だし。暑いし。輝いてるし。

そこで僕が勝ち負けを判定する為に編み出した方法。それが、「今世界が滅びたらどっちが勝ちなのかルール」。略して「いませかいるーる」。



いませかいるーるの使い方は簡単。





1,誰でもいいから、特定の個人を思い浮かべる。
  イチローでもいいし、安倍晋三でもイビチャオシムでもいい。

2,今世界が滅びたら、どちらが勝ちなのかを決める。
  基本的には、項目いっぱい並べて、よく考えて決める。
  考えても結論が出なかったら、直感で感じ取って適当に決める。

3,「今世界が滅びたら勝ち」=「今世界が滅びなければ負け」
  即ち、自分と相手のどちらが、今現在勝っているのかが解る。








僕の場合、昔は思いつく限りに誰を相手に選んでみても、「今世界が滅びたら勝ち」だと思っていた。でも、今は、誰を相手に選んでも、「今世界が滅びたら負け」だと思うようになってしまった。だから、僕は勝っている。ブログが全てを変えたんだ。心の底から、本当に僕は今、疑う余地なく勝っている。世界が滅びたら負けだから。ブログが書けなくなってしまうから。でも、残念なことに、人生は勝ち負けじゃない。