3D酔い体質で無かったら遊びたかったソフト。



3D酔い体質で無かったら遊びたかったソフトランキング、というのを考えてたんだけれど、凄く楽しい。何が楽しいって、実際に遊べる可能性が全く無い分、好きなだけ夢想出来る。

1,大神
2,塊魂
3,Halo
4,障害物が無く、ジャンプとドリフトが出来るレースゲーム。
5,MGS

こうして見ると、ほとんど発売日順。大神以外は「遊びたい」の過去形としての「遊びたかった」といった感じだけれど。

Haloの格はFPSの中では断トツ。シングルの評判がよいロケランジャンプ出来る系のFPSを他に知らない。ジャンプできるレースゲーム、というのはエキサイトバイク以来人々が夢見続けてきたロマン。跳ねる、といったレベルではなくて、モーションブラーの中を無駄にぐわんぐわん飛びたい。ワイプアウトでもいいんだけれど、ちょっと違う感じがする。MGSは微妙なんだけれど、ムジュラとオカリナと空と海と大地と呪われし姫君とFF12とMGSの中から1つ選べ、って言われたらMGSしか無い。悪夢は足りすぎる程に足りているのでバイオは論外。ヘルゲートは順当にいけば首位なのだけれど、とりあえず発売前なので。

ピーター・モリニューの最高傑作、アーマードコア系列、CMR2、アリスインナイトメア辺りは流石に古くて押し流されてしまった。モリニューは格落ちさえしていなければ今でも秀夫より上だったろうけれど、今は秀夫の方に興味がある。体調がぼろぼろの時に生産性の無い夢想を繰り広げてぐだぐだなエントリーにする、というパターンは嫌いじゃない。むしろ好き。どうせ駄目なんだから夢くらいは楽しく見たい。けれども、やっぱり持ち直したいな。とりあえず頑張って寝ねば。