精神論の素晴らしさ。



科学と理性が支配する時代が到来するにつれ、精神論は過去の遺物として忌み嫌われるようになった。人は気合いと根性と天運が足りないから失敗するのではなく、物資と情報と準備が足りないが故に失敗するのだという事が明らかになっていった。今では、「根性が足りない」と口にするのは脳味噌が足りていない人だけであり、「気合いが足りない」と考えるのはおつむが足りていない人だけである。

成功は努力と根性によってもたらされる必然であるという妄想が大手を振って闊歩していた時代は過ぎ去り、失敗は必然でありその失敗の要因を取り除いてやりさえすれば、失敗を避け成功を手にする事が出来る、というのが現代の考え方である。

それら成功のノウハウ、必勝法というのは、明らかに、確かに存在する。こうすれば勝てる、こうすれば成功を手にする事が出来る、というものは、確かに存在する(ああ、もちろん、あなたの定義する成功がロックスターや空軍のパイロットやミドルズブラのエースストライカー、といったまぬけなもので無い限りは、という条件付きではあるが)。

その必勝の法則とは、物資を確保しろ、情報を手に入れろ、準備をしろ、の3点である。まあ、確かに、気合いを入れろ、努力をしろ、天運を味方に付けろ、の3点と並べてしまえば、その優秀さは今更僕が書き示すまでもない。しかし、である。

物資を確保しろ、と言われて今日明日に、物資を確保できる人がどのくらい居るか。情報を手に入れろ、と言われて今日明日に必要な情報を手に入れる事の出来る人間がいるか。準備をしろ、と言われて適切な準備が出来る人間がどのくらいおろうか。

それらを行えるのはいつの時代も「持つ者」であり、「社会的強者」だけだった。物資と情報を持つ強者が準備をし、事を無し、地位を手に入れ部下達に、「努力」「根性」「気合い」といったものを押しつけてきたのが古代であり、物資と情報を持つ強者が準備をし、事を無し、地位を手に入れ、「物資」「情報」「準備」という持たざる弱者には成し得ない必勝法を押しつけてきたのが現代である。




しかし、驚くべき事に、私達は今、まさに未来を生きている。




時はインターネット時代。全ての過去は崩壊し、スピードが全てを支配する時代である。無限加速を続ける今この瞬間という時代においては、一秒でも早く大声を上げる事が、思い立つ前に走り出す事が、誰よりも先にスタートを切る事が何よりも、肝心要の成功の鍵である。

旧来のやり方に基づいて、あなたが物資を確保している間に、他の誰かは鞄も持たずに暗闇の中を駆け出している。太古の必勝法に基づいてあなたが情報を手に入れている間に、他の誰かは地図も持たずに駈けている。過去の成功則に縛られてあなたがそうやって準備をしている間に、他の誰かは既に何処かへと辿り着き、何かを成し遂げてしまっているのだ。それがインターネット時代という超光速である。

即ち、私達が認識するべきなのは、精神論が馬鹿にされていた「現代」が過ぎ去り「未来」が訪れた今、精神論は再び完全な姿で蘇ったという紛れもない事実なのである。

精神論の素晴らしさは、スピードである。精神論の信奉者となったその瞬間にはもう既に全てを行う事が出来るという、音速を超えた0距離の速度なのである。「今この瞬間から気合いを入れる」「今この瞬間からがむしゃらに頑張る」「今この瞬間から根性じゃけん!」これほどまでに時代に適合した素晴らしいインテリジェンスタクティクスが他にあろうか?いや、無い。断じてない。即ち、なによりも正しい必勝法として、精神論は復興を遂げたのである。時代は努力、世は気合い、時今正に根性である。

物資を持ち、情報を持ち、準備を行う事が出来る社会的な余裕を持った強者の支配が半永久的に再構築され、繰り返され続けてきた現代は過ぎ去り、物資を持たず、情報も持たない、現代社会において搾取対象階層に位置する弱者にも、均等な機会が与えられる精神論の世紀が遂に訪れたのである。

即ち僕はこのスピードが全てを支配するインターネット時代が到来した世界において完全無欠の勝利者となり我が帝国を築くべく今正に、気合いと、根性と、がむしゃらなる努力、吐血血尿大和魂侍ソウル即ち精神論というものに頼り縋って駆け出すのである。みょうごにちから。