人生を楽しみたい人はiknowよりESL見ようぜ。



ESL、正式名Electronic Sports League(第二言語としての英語)っていう、ポッドキャストサービスが素晴らしくいい感じ。ということで、明らかに無理のある書き出しにかこつけて毎度おなじみ堂々と恥を恐れずに順位予想をしてみます。

それにしても今期はストーブリーグが熱かった。ToDのmouz入り、GrubbyのMyM入り、HoTのGG入り、Shyの入り、duckではない方のEricの本戦滑り込み、hank_sのwrtj入りと、ビッグネームの移籍が多すぎて力関係が一変してしまい、盤石のSKを除けば順位予想が非常に困難。



1:SK
2:mouz
3:MYM
4:GG
5:WE
6:wNv

ここまでオンラインプレイオフ圏内。

SKは、少なくとも長丁場のシーズンでは完璧。全員韓国人という事で世界大会の無い今シーズンに限れば居住地面や移動面での不安も少なく、控えメンバーの少なさはかえってプラスに働く。もちろん2v2は鉄板中の鉄板。何人も打ち破れそうにないので、前代未聞のパーフェクトすら有り得る。


2位のmouzもほとんど同じ理由。名手4人+補欠(と言ってもドイツ最強プレイヤー)1人という、少数精鋭の完璧な布陣。その為、下位に対する取りこぼしは一切無い事を買って、この順位。もちろんオフラインプレイオフでは話が違うしmouzサポ的補正も入っているけれど。

mouzは2v2がかなり不安な為、同格以上の勝つも負けるもHappy次第という、あまりに危険で楽しすぎるチーム構成になった。WC3Lはアンデッドが厳しいマップが多いので、相手のチームは完全に「Happy潰し」を行ってくるはず。(案の定所詮で見事にGrubby当てられてしまいました。)


3:MYM
これは、完全にチームマネジメントの失敗。昨季からして既にプレイヤーが多すぎて、全員使おうとするあまり格下相手に取りこぼすことが多かったのに、今年はさらに2人増えて、他チームならば主力級というかなりの技量を持つプレイヤーを7人抱えてしまった為に、出番を満遍なくという方向でかなり取りこぼすと思う。特にオンラインで弱いmoonはかなり出番が減り、数字面ではGrubbyとFocusの両orc頼みになりそう。もちろん、オフラインプレイオフでは話は別。主力だけを比較すればSKとMYM、より正確に言うとMYMの強さがずば抜けている。ただしSKはmoonを潰せるプレイヤーを抱えているので、勝敗は当たり方次第か。


4:GG
GGは、なんと言ってもHoTにtitanにxylという、欧州人や中国人では止め難い三人が揃った上に、全員ロシア圏人&同居という事で、2v2でも下位相手には結果を残してくるでしょう。今期のGGはかなり期待出来ます。既に破綻していますが気にしません。当初の予想は変えません。予備選終わってから予想を出すなんて卑怯ですよ!


5:WE
正直、上位六チームの中ではここが一番微妙。もちろんskyは居るけれど、skyはオンラインではかなり落ちる。さらに、tedをソロで使わざるを得ないというのが、Rotterdamやericまで滑り込んできてしまった今期のWC3Lでは厳しい。下手をしたら変な所に食われるかもしれない。BeTも同じ理由でかなり平凡な成績に終わり、オンラインプレイオフ圏内争いは昨季と同じく2~3ポイントの差でだらだらと続きそうなので、微妙ですが、そうなるとオンラインでは弱いとは言えskyが計算出来る分強いかな、と。


6:wNv
書いていて悲しくなるのでノーコメント。勝率5割の境をさまよった昨季の主力がそのまま残ったチーム構成を買ってこの順位。結果を残せている面子がそのままの編成で残ったチームが少ないので、saiの伸びしろ、xiaotの勢い、th000の格下相手の王様感を統合してこの順位。2v2は弱いけれど、2v2の完成度が高いチーム相手には、どこも太刀打ち出来ずに一方的な結果で終わり、2v2の完成度が低いチームはどこも似たり寄ったりだと思う。
----



----
mouz vs MYMが大変な事になっている。
Happy vs GrubbyとFly100% vs Luciferを残して2-1でmouzリード。

いきなり相手はGrubbyという死地に放り込まれたHappy。もしもここでGrubbyが万が一2-0で負けるような事があると、Grubby=KING OF EU時代は今日で終了。まあ、いくらHappyと言えどもこれはちょっと無理。

となると、昨季のNGL決勝 on ライプチヒでmouz相手に衝撃の4人抜きを敢行し1人で決勝戦を終わらせてしまったmouzの天敵"人類最強のネット弁慶"Luciに"最も危険なorc"Fly100%が挑む一戦。「orc対ud」という構図ならFly100%に部があるけれど、luciは「なんでもやれる」的につぶしが利くのでかなり苦しい。かなり古いけれどvs Grubby on EIとか。特にオンラインだとluciは神懸かり的に勝負強いからな・・・。
----


----
あと、スペクについて。
スペクが「彼は歩けない」という所までは知っていたけれど、羽中田昌みたいなもんだと思っていた。さらに、TM food 100決戦(相手は確かseccer)での下品な凡ミスの印象から、スペク自体好感度の低いプレイヤーの一人だったのだけれど、指と首しか動かないとは。それなら、food100決戦でのあのミスも納得がいく。しかもあれだけのミス(店前置き忘れと集合地点再設定ミス)をしながら結果的には勝ったし。

そうなると、昨季のNGLでオフラインプレイオフ圏内に入っていながらオフラインプレイオフの参加費用負担を拒否したチームに対する不快感が沸々とわき上がってくる。Leipzigとか行った事無いからどんな所かはわからないけれど、少なくとも韓国よりはいい所でしょう。多分。まあこれも偏見だけれど。でもって二十歳まで生きられない難病となれば、スペクが(wc3で/膂力で)海外に行ける最後のチャンスだったはず。あれからgoは引き抜きで大幅に弱体化してしまったし。あと、この件でSpaceの読みが「スペク」ではないのだという事を初めて知った。

wc3sceneを知らない人の為に解りやすくgo)spaceの強さを説明すると、スペクがもしもドイツ人だったら、疑う余地無くドイツ最強プレイヤー。ちなみにドイツは欧州で最もwc3が盛んな国。(NGLもwc3lも主催はドイツ)