眠るのが怖い。



躓いたり挫けたり攻めあぐねたり苛まれたり自分に冷たく冷酷に生きているのに、凍え死ぬよりは焼け死ぬ方がいいさとばかりに心のどこかで暖かさを求めていると、明日の自分に失望するのが怖くて眠れなくなる。眠らない限り今日は永遠に続くから、僕は決して明日の自分に失望しなくてすむ。あしたの僕は今日より冷たい。