2008年3月14日金曜日

投稿ボタンを押したら文章飛んだ。



ブロックブログには3時間で自動ログオフが成されるという仕組みがあり、そのせいで、投稿ボタンを押したら「投稿されました」ではなく「ログインしてください」な画面が出て、文章飛んだ。しばらくinactiveだったのですっかり忘れていた。


頼みの綱のクリップボード履歴は「親も、子も、友達も、」「インターネットは、打ち棄てられたブログで溢れている。」「打ち棄てられた」「なるほど、アレックスワードは恐ろしい男だ。」「死を」の五件のみで、まったく役に立たない。


まず窓使いの憂鬱をダウンロードしてCtrl+Enterで全文選択してコピーのショートカットを作り直す所から始めようと思うのだけれど、そんな事をする余裕があるくらいならブログを書くし。


泳ぐのに情熱はいらない。

泳ぐのに必要なものは、水と筋肉である。水と筋肉があれば人は自ずから泳ぎ出す。そこには意志も情熱もいらない。僕はこんな人生に陥って尚、少しでも前に進みたい。米を炊く体力を失って豆腐をすすり、シャワーを浴びる気力を失って汗を摘まむ。ここにあるのは死体だ。腐っていないだけの死体だ。異臭...