なあなあ、なんでみんな本文読まんと言いたいことだけ言っていくん。




ブログなんて自分の精神を削ってまでやるものでもないですから、




ネットなんて余興ですので、






それはないだろう。
いくらなんでも、それはないだろう。
なんかこういうのを目にすると本当にがっかりする。


どうして真剣にブログを書いている人間のエントリーのコメント欄でこういう事を言えるんだろう。ブロガー当人が明確にAはBですと書いている所へ、ただの自己紹介でしかないAはCです、というコメントを、平然とぶつけられる神経がわからない。なんていうか、がっかりする。(でも表題の"みんな"というのは間違いで、当該エントリーには時間経過と共に謙虚なコメントが増えて行っているのが、救いではある。けど、アクセス数の無いブログだと、最悪、上の2コメントで終わりだと思う。)




というエントリーを投稿する自分自身にもがっかりする。何故かというと、「当該ブログ」ではなく「当該ブログに付いたコメント」について語っているから。これって、ブログに対するリアクションの中では最低にして最悪のものだと思う。


けれども、ブログに対するリアクションでブログについて書く、リスペクトを表明する、というのは僕にとってハードルが高すぎる。視線というのは暴力でアクセス流しは悪という考えが根底にはあるし、当ブログのコメント欄に居座っている人達を見ればリンクは貼らないに越したことはないと思うし。


それに、なによりも、無能な敵になるのは厭わないけれど、無能な味方にだけはなりたくないから。かと言って、有能な味方にもなれやしないわけで、結果として僕のブログは日を追うごとに引きこもり的様相を呈して行くのであります。