やさしい人が嫌い。



やさしい人が嫌い。

やさしい人というのは、自分にやさしく出来ないから、それを他人にしてるだけ。「俺はおまえににやさしくしてやる。おまえは俺にやさしくしろ。」というだけの話。やさしい人は実際のところ、全然やさしくなんかない。やさしい人というのは、自分の尻も自分で拭けない、うざいうざいかまってちゃん。そんなにやさしくされたいのなら、てめえでmyselfやさしくしてればいいのに、他人を巻き込もうとする迷惑な人。うざいだけ。








厳しい人が嫌い。

厳しい人というのは、自分に厳しくできないから、それを他人にしているだけ。帝国軍人気取りで、厳しくしたくて厳しくしたくて、仕方がないのだけれど、その欲望を自分自身に向けられず、他人に向けて解き放とうとする、自己満足至上主義者。「自分にも厳しいんだぞ」というポーズを取りながら、それを暗に陽に幾千あまたの手段を使って周囲に広く喧伝しながら、他人を自分自身のコントロール下に置こうとする、迷惑な人。てめえ一人でやってりゃいいのに、寂しいからって怖いからって、躍起になって周囲の人を巻き込もうとする迷惑な人。うざいだけ。








自分に厳しく他人にやさしい人が嫌い。

自分に厳しく他人にやさしい人というのは、存在自体が迷惑な人。「俺はおまえににやさしくしてやる。」という所までは、やさしい人と同じ。でも、違うのは、本当はやさしくされたいのに、本当はかまって欲しいだけなのに、本当は寂しいだけなのに、「俺は自分に厳しいんだ」と一匹狼を気取って、他人からのやさしさへのバリアを張っている所。手当たり次第に他人に対してやさしくする癖に、「ありがとう」とでも言おうものなら、不平不満をぶつくさ言って「そんな事を言われても全然嬉しくない」「お礼が欲しいわけじゃない」「見返り目当てにやってるとでも思っているのか」とか、不機嫌になる人。『俺は他人には何も求めていない』というポーズを取りながら、実は他人に存分のやさしさを期待し、求め、そうしてくれない周囲の人間を不当に憎み嫌い撥ね付け、それら不平不満を口に出さ事はせずに「人にやさしくすること」へと変換し、他人に優しくし続ける寂しいだけの迷惑な人。うざいだけ。