2008年9月30日火曜日

眠ればきっと九月が終わる。



モニタの電源を落とす勇気がない。ウインドウズをシャットダウンする勇気がない。明日の自分に失望してしまうのが怖くて、日付変更線をまたぐ勇気がない。一日中何をする気も起きない。すごい速さで寒くなって調子が悪い。目が覚めたら十月。眠らなければ九月。はやい、はやい。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。