2009年2月9日月曜日



僕はまず謝らねばならない。あの栄光の真性引き篭もりhankakueisuuが、モールモースの騎兵隊についてついに何かを書いたのだと勝手に思い込み、勝手に信じては期待に胸を躍らせてこのページを開いたあなた方に謝らねばならない。僕にはもうそんなものについて何かを書くだけの体力が残っていない。生命力が、枯れかけているのだ。昨年の今頃と違い、体はピンピンしている。けれども、心はしおれてしまっている。もうあの日の面影はない。まるで僕の人生は巨大な悪によってねじ曲げられて倒れてしまった鉄塔のようにひしゃげて錆びている。たとえば事実このエントリーにしても、7について書き始める前に終わってしまった。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。