何もしない為に生まれてきて、何もせず生きる。



どうにかならないか、どうにかならないかと、毎秒思う。なんとかせねばならぬ、なんとかせねばならぬと、毎日考える。思ったり考えたりするだけで、何も行動はしない。これまでそうしてきたし、これからもそうだろう。僕は何もしない為に生まれてきて、何もせずに死んで行く。もしも仮にそれが真実であるとすれば、幸せな事である。本望だろう。けれどもそれは違う。何もしない清廉潔白さは無い、薄汚れてた害悪である。