2009年4月22日水曜日

わがこころでに



人間の頭というものはおかしなもので、それにも増して僕の頭はおかしなもので、夕方からずっと頭の中で「わがこころでに」「わがこころでに」とよくわからない言葉が繰り返されており、ずっと気になっていたのだけれど、先ほど「ゆきはふりつつ」というフレーズが突然飛び出してきて、「わがこころでに」と合体した。それにより「わがこころでに ゆきはふりつつ」という如何にもな文章が出来上がったので、パソコンの電源を入れてグーグルにお願いしてみたら、「わがころもでに ゆきはふりつつ」であった。君は居らず、雪も降らず。何を受け容れてなにを拒めばよいのかすらもてんで見当のつかない人生。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。