わがこころでに



人間の頭というものはおかしなもので、それにも増して僕の頭はおかしなもので、夕方からずっと頭の中で「わがこころでに」「わがこころでに」とよくわからない言葉が繰り返されており、ずっと気になっていたのだけれど、先ほど「ゆきはふりつつ」というフレーズが突然飛び出してきて、「わがこころでに」と合体した。それにより「わがこころでに ゆきはふりつつ」という如何にもな文章が出来上がったので、パソコンの電源を入れてグーグルにお願いしてみたら、「わがころもでに ゆきはふりつつ」であった。君は居らず、雪も降らず。何を受け容れてなにを拒めばよいのかすらもてんで見当のつかない人生。