2010年5月5日水曜日

真性引き篭もり : 一行、二行

一行、二行タイピングしては消す。もっと立派なものを書かねばと、全てを否定される。1つ、2つ、目標を立てて、もっと立派に生きねばと、目標も努力もみんな否定される。自ら上げたハードルが、ギロチンの刃のように高速で首もとを切り裂いて行く。生きた心地がしない。人生はどこにあるんだ。心の安まる日は来ない。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...