真性引き篭もり : dota allstars漬けの一日が終わる。

心が澄んで行く。混濁していたものが、分離して行く。憎しみは憎しみだけ、悲しみは悲しみだけ、苦しみは苦しみだけに純化されて、それぞれが透き通ってゆく。何一つ消えるわけでも、薄れるわけでもないけれど、頑張ろうという気になる。どうせ眠れば消える幻想であっても、そういう気分になる。そして頑張れそうな気すら生じてくる。眠たすぎておかしくなっている。今日もまた、とても暑い。僕は君が「6月から心を入れ替えて頑張る」と言っていたのを知っている。僕だけが知っている。その前は「4月から」で、その前は「3月から」だった。知っている。全部知っている。