真性引き篭もり : LB MYM 対 NV.int

AZENをどう使うかという問題を抱えたNV.int。
13babyをどう活かせばよいのか掴めないMYM。

共にESWC直前に完成した急造チームであるが故に、pick面に不安が残る。この大事なゲームで大きなミスをしたのはNV.intのpicker、フェアー。なんと、BMをbanせずにBMを放置。ラストピックで持って行かれるという致命的なミス。AZENに割り振られたのは、solo WL。ロシアンスタイル。一方のMYMは、13babyにSFを割り振る13babyシフト。13babyのsfはOKをトップランクまで押し上げ、DTSをも叩きのめした本物なので、MYMはこんな感じのpickが一番強いはず。ただし、これが出来たのはBMをpick出来たからで、アクシデント的な圧勝劇。MYMのbanは完璧にアンチNV.intに特化したbanで、NV.intはban枠をどう使えばいいか混乱し、結局bmやsfといった相手に渡すと大変なヒーローを全て持って行かれてしまった。

ゲームはAZENが素晴らしいプレイで大活躍・・・とは行かなかった。AZENのクオリティが完璧近かったのは確かだけれど、MYMの13babyシフトが完璧にはまり、あっという間に9-0になって万事休す。タワーも6対0(6対1だったかも)と、話にならないレベル。一人頭1500goldの資金差がついては、いくらNV.intが頑張っても試合の流れは戻らない。フェアーのdr、AZENのWL共に悪くはなかったけれど、完璧なpick負け。ban枠足りずにNV.intは敗退。ban枠をアンチNV.intプレイヤーに特化して使ったMYMの作戦勝ち。もちろんmorpもbanされており、AZENはその真の姿を見せることなくさらばパリ。BMを操るPlaymatEは丁寧にAZENと渡り合い、csでは苦しんでいたものの、AZENの光をしっかり消していた。

ESWCによって産まれたNV.intという奇妙なチームは、大会一番の活躍を見せてくれた。このゲームでもAZENのモチベーションは高く、もしもここにKuroKyが居れば・・・と思わずには居られないクオリティ。korokは無難にこなしていたけれど、KuroKyには遠く及ばない。MYMは微妙なゲームが続いていたけれど、ここに来て最高のpickが出来たおかげでプレイヤー達の経験が生きた。




残ったのは因縁のある2チーム。
13babyを手に入れたMYMか。
一次リーグでNV.intに負けた以外は実質無敗のDTSか。
このゲームのようなpickを出来れば、MYMに分があるだろうけれど・・・。