2011年8月22日月曜日

自分のブログを見ても一体自分が何をしてきたのか全く分らない。

自分の手で書き続けてきたはずのブログから読み取れる事があるとすれば、頭が痛いのだろうということだけ。具合が悪いのだろうという事だけ。そして今日、今この瞬間に、頭痛とも具合の悪さとも無縁の僕は、まったく何も理解が出来ない。ただの1つも読み取れない。それは見知らぬ誰かが書いた見知らぬブログのようなものであり、僅かな戸惑いだけが残る。何をしていたんだろう。何を考えていたんだろう。どんな事を思っていたんだろう。知ろうにも手がかりはない。何一つ残ってはいない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。