夜が来たところで眠るだけ。

夜が来れば元気になる。そのくらいのことはわかっていて、日が昇る度に挫ける度に夜を待とうとしてはみるけど、夜は常に遠く彼方にあり、やっとのことで夜の方へ、夜の方へと懸命に躙り寄り、やっとの事で近づいた頃には、体力を失い、気力も失せ、自らの心さえも見失って暗闇の中で唯一生き残った欲望だけが「これで豪雨ならば」と不満を口にし高望み寝る。