寒くなった。

心地よさと不安さが同居する不意の寒さで、浮ついた記憶ばかりが次から次へと蘇り虚無感に包まれる。