dota allstarsに拒絶されて沈む僕を抱きしめてくれるものはもう何も無い。

僕がどのくらいdota2に拒絶されたかというとそれはもう涙無しには思い出せないくらいで、たとえばまず第一にdota2はフェイスブックで「いいね」と引き替えにキーを配っている。コメントと引き替えにもキーを配っている。そしてフェイスブックのアカウントを取得するには携帯電話による認証が必要である。引き篭もりが携帯電話なんて持っているはずがない。門前払いである。完全にシャットアウトである。取り付く島もないのである。完全に詰んでいる。

また、dota2はSteamでもbetaの応募をしている。そこで「Steamのアカウントは無料で取れるし携帯電話認証も不用だから行けるじゃん?」と思った貴方はnoobである。Steamのkey配布所に書き込むにはSteamで有料のゲームを購入したアカウントが必要である。Q&Aページまで存在して「どうしてコメントが出来ないのですか?」「あなとスパムを見分ける方法が無いからです。有料のゲームを1つ買いなさい。」などと言われてしまう。あんなにWarCraft3を買いまくったのに、ペイパル支払いかクレカ支払いでヴァヴォゥゲーミング様のSteam様で売られているゲームを買わない限り抽選会に参加する資格すら無いのである。地球上で僕ほどにdota allstarsを辞めようとした人間はいまいという位にdota allstarsをプレイしまくって生きてきたのにこの仕打ち。酷い。酷い仕打ちである。まったくもってやるせない。当たらないとかではなく、抽選に参加する資格すら無いのである。

おかげで、dota allstarsとdota2の比較記事は数ヶ月以上前に書き終えているのに、「プレイしていないのに投稿ボタンを押すのは何か後ろめたい」という理由により、未だに投稿出来ていない。しかもその間にもdota2はアップデートされ続けているわけで、僕が書いた比較記事は少しずつながら風化しつつあり、このまま行くと完全にお蔵入りというムードすら漂い始めてしまっている。無念である。

それでもkeyを配布している所は僅かにあって、そういう所には応募しているのだけれど、配布数が1日2人とか絶望的な所ばかりだからぜーーーーーんぜん当たらない。当たり前だけど当たらない。そんな中でメールボックスに大量のメールが来ていたから、「お、これは遂に当たったか!!!これでdota allstarsとdota2の比較記事をやっと投稿出来る!」と喜び勇んでメールボックスを開いたら、はてなブログの招待メールが大量に来ていた。FU ZA KE NN NYA!

はてなに脳味噌を汚染されたくそったれのはてなーユーゲントどもは、僕のブログを一目見て、この僕がはてなブログの招待メールを必要としてると考えたらしい。あのなあ、このさいだからなあ、はっきりなあ、いうとくけどなあ、はてなの近藤さんって人が「はてなブログにトラックバックはありません(ドヤァアアアアアア!!!」って言うとったけど、僕が今使っている天下のgoogle様のbloggerというツールには、端からトラックバックなんて無いんだよ。存在しないんだよ。どうだ、参ったか。僕は参っている。かなり参っている。ブログに拒絶され、ゲームにも拒絶され、dota allstarsにまで拒絶されてしまったのだ。僕の居場所はもう何処にもない。この世界では生きて行けない。