眠たさ寒さ。

些細な夢も小さな希望も生きる活力も眠たさの中で凍えながら目覚め、何一つ現実と交わらぬままで失望と緊張だけを残して再び、眠たさの中へと消えて行く。