dota allstarsと他ゲーで実績のあるpro。

複数のタイトルにまたがってプレーすることもあるんだろうか
dota allstarsで思いついた人。



h4nni
dota allstarsではMYMの主戦級プレイヤー。LodaとKuroKyによってMYMが勝てなくなってしまった時期のプレイヤーではあるものの、他の相手にはきちんと勝ちきっていた。(なお、Loda、KuroKy共にMYM所属歴有り。)。h4nniがdota allstarsを離れたのは、ミゲルとアンゲルの離脱によりMYMが事実上終了してしまったのがきっかけ。HoNではファナティックに所属しており、HoNのファナティックは相当の結果を残している。HoNのトッププレイヤーになったという事は古くから非常に有名で、かつてはdota allstarsへの復帰が熱望され、今現在のdota2シーンにおいては、一部の懐古主義者達が最も待ち望んでいるプレイヤー。HoNシーンが順調に痩せ細り続けているので、いずれはゲームを変えるだろうと噂されているけれど、dota2ではなくLoLに行くのでは、という予測もある。LoLも強いらしい。


trix
HoNの出。dota2ではmouzの主戦プレイヤー。mouzはtrixに限らず、全員がHoNシーンで実績の有るpro。そして、mouzは絶賛低迷中。あのtrixがdota2をやるというだけで一騒動起きたくらいにHoNシーンでは凄い人だけれど、dota2で見る限り、その面影は全くない。


black
僅か期間ながら主戦プレイヤーとしてkurokyのチームメイトであり、また、dota allstarsシーンに最後に現れた生粋のSF使い13babyのチームで主力だった人。13babyはあわや、loda-kuroky-ソビエトを突き崩すのでは、という所まで行ったので、実質13babyのワンマンチームだったとはいえ、かなりの腕とネームバリュー。HoNシーンに足跡を残した上で、dota2へ。dota2でもやれると本人は言っているようだが今の所は微妙。KuroKyという巨大すぎるドイツ語話者が存在しないシーンでは利点の無いドイツ人なので、その辛さもあり見通しは暗い。


LodaとAkke。
Lodaと、Lodaの古い古い、古くからのチームメイト。絶対敵な強国だったソビエトを崩壊せしめてLoda時代を築き、KuroKy-Loda時代、Loda-KuroKy時代を生き抜いたdota allstarsシーンの象徴的存在。Load Of DotA。dota2リリース後の「なぜこの時期にHoN」としか言いようのない時期に(akkeに請われて(?))HoNでコンペティティブな場に復帰し、何かの大会で2位に入る。ちょうどその頃、KuroKyのdota2チーム(ggnet)が完全崩壊して解散。それに伴い北米入りしたパジャと、フリーエージェントとなったミラクル(共に、かつてのLodaのチームメイト)を掻っ攫い、完璧に限りなく近いロースターでdota2に復帰。モチベも完全に復活してスポンサーも付き、LodaとakkeのCLGは現在dota2シーンで2番手集団。

他にも居ると思うけれど、途切れ途切れにdota allstarsシーンを見ていた英語の読めない僕が思い浮かんだのはこのくらい。dota allstarsとdota2は別のゲームで、という事を言いだしてしまうときりがないのでそこはとりあえず堪える。いや、厳密には別ゲーなんだけど。




LoLとdota allstarsの垣根を越えた人は、dota allstarsでは全く実績の無いxPekeくらいしか知らない。実質、1人も知らない。LoLは(狭義の)dota系ではなく、(広義のdota系に属する)別ジャンルのゲームなので、両方のゲームでまともな実績を持つプレイヤーは居ないと思う。プレイしているという話は聞くけれど、競技の場で活躍しているという話を聞いた事は無い。(灯台もと暗しでaLがLoLだたか)