2012年12月30日日曜日

目が憎い

寝ていても良い事はないけれど、目が覚めても良い事はない。何か良いことを捏造して、それに近づこうと企んでも、まず良い事が思い浮かばない。ただ憎悪で心が回る。インターネットには不愉快な事しかない。インターネットの外にも、不愉快なことしかない。睫毛が目に刺さり目が憎い。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。