回る回る世界が回る。

元気な時にだけdota2を起動するというスタイルを、元気じゃない時だけdota2を起動するというスタイルに変更したら、内部レートが低下した。当たり前である。平均7ページくらいから平均15ページ近くまでゆっくりと下がり、そこで踏みとどまった。それが適正レートであるかはさておいて、元気な時は8~10ページ、元気が無い時は15ページ前後というのが僕のレートだと思う。

そんなわけでレートが低下すると、当然ヌルゲーになり、solo midで好き放題出来たりして7連勝し、自己新記録の8連勝に挑んだら3ページでシャーキー+ティファニーという血も涙もないエンカウント。味方にもchopperさん(本物の方)とxroboさんという2人の5ページプイレイヤーが居た上に、自分自身solo mid行って5-2-10くらいまでは持って行き、あとは勝つだけという所までは行ったもののシャーキーとティファニーにぐでんぐでんにされて逆転負け。

誰が悪いって、fb取り損ねてfb取られた自分と、pl管理が遅れた自分と、ミクロミスってsharkyを2度殺しそこねた自分が悪く、戦犯は誰って言われると完全に自分であり、痛恨過ぎて心のもやもやが未だに晴れない。chopperのランダム運がaxeと完全に終わってたのも辛かったし、味方に相手がsharky+ティファニーという事を理解していない人が居たのも酷かったんだけれど……。シャーキー+ティファニーってエンカは厳しいとは言え、勝たなければならない展開だった。

そこから3連敗してしまい、完全に心折れて、そもそも元気な時には遊ぶつもりがなく、幸いにも元気だった事もあり、しばらく放置していたら、突然回る世界が回る。三半規管がおかしくなって横になっていられない。頭もがんがん痛い。たまにある症状なので慣れてはいるものの、眠ろうにも眠たくないのでどうしようもない。

眠たくなるまで時間を潰そうとdota2を立ち上げたら、さくっと1敗。直後にorange対orangeの内戦に巻き込まれ、世界が回るせいで何が起こってるのかもわからず、理解不能なプレイをしていたらwinterさんに「あんた、なにやっとんよ」って嘆かれる。正直、自分でも何が起こってるのかわからなかった。画面見えないしマップ見えない。

相手はラクチ、kyxy、x含む5人パーティーという事もあり、チームバランス的に完全に終わっており、一番元気な自分であっても結果は同じだったと思うんだけれど、それにしても申し訳ない事をしてしまった。とは言え、2ゲームしたくらいで眠たくなるわけも無し、また元気になるわけもなしでしばらく続けていたら、10連敗してさらにそこからまだ負けて、倒れるようにして横になりました。




10連敗めのゲームなんて、これ。
0キル11デス、ラストヒット14って……。
わざとやったとかじゃなく、必死に頑張ってこれ。

「今は弱体化された強キャラを使い続けてレートあげたくせに、そこでランダムとかふざけてる」とか言っている人には、「元気な時にレートあげたくせに、そこで元気じゃないどころかしんどくて横になってさえいられないときにゲームするとかふざけてる」と反論すべき。同じチームになってしまった人達には、本当に申し訳ないことをしてしまった。







10連敗すると内部レートも思いっきりさがり、最低で68ページまで落ちた。(ここまで落ちると探すのも大変)。そこまで落ちると流石に楽勝。安定して好き放題して大活躍といった感じのぬるいマッチングになり、39勝19敗で遂に5ページ復帰。ここまで来ると欲が出て、1ページで遊びたいなーとか思ってしまうけれど、人生にはゲームよりも大切なものがある。それが何であるかを知りうるゆとりが今の僕にはまったくない。


10~20ページで安定していた(たまに5ページ以内も混ざっていた)上に、orange対orangeの内戦は1ページだったのに、そこから6連敗(合計10連敗)しただけで68ページまで落ち、5ページ復帰までに39勝19敗必要だった、というのは尋常な事ではない。

連勝時と連敗時のレート変動には、明らかに異常なまでの大きな補正がかかってる。イメージ的には、1×連勝数×連勝数くらい上がってる感じがする。1勝だと1しか上がらないけど、5連勝すると25上がり、10連勝すると1ゲームで100、合計すると385上がる感じ。自分のレートよりも10人全員の平均レートが高いゲームで勝つと大きく上がってるのも間違い無いと思う。どちらも、dota allsarsから移行した熟練プレイヤーを適正レートに強引に誘導する為の対策だろう。


なので、外部企業の勝手営利サイトである、dotabuff.comのレーティングは実体とかなりずれているように感じる。正確な内部レートを調べるには、ローディング中にliveを1ページから順番に探して、自分のページ数を確認し続けるしかない。









一応自分のdotabuffのレートはこんな感じだった。flash eSportsループで頭抱えたり、パジャもういいよシャーキーやめてkyxyふざけんなとか言ってた頃はdotabuffのレートも高くなっており、サードパーティーが勝手に算出した独自レートとは言え、有料化しようとしていただけあって、数学の出来る頭のいい人達が頑張って計算していたんだという事は見て取れる。途中思いっきりレートが落ちているのは、明らかにやる気なくしてランダムで適当にふざけたプレイをしていた頃。そこから上がっているのは助けてあげたい人が居て、テキストを書くならば自分で証明しないと説得力がないと思い、少し頑張って遊びだしたんだけれど、テキストが書かれる事など未来永劫なかったのである。