おはよう、晴れたね。

100年続いた雨が遂に止んだ朝、空を見上げた人々が目にしたのは、涙も涸れてすすり泣きながら消えて行く雨雲の姿でした。