目を閉じてはいけない。

目を閉じて心を研ぎ澄ませれば、何かが浮かんでくるだろうという幻想にしがみつき、懸命を目を見開いて取り乱す喧噪の中に自らを置く。