2013年6月22日土曜日

目を閉じてはいけない。

目を閉じて心を研ぎ澄ませれば、何かが浮かんでくるだろうという幻想にしがみつき、懸命を目を見開いて取り乱す喧噪の中に自らを置く。

なぜ人生はこんなにもつまらないのか。

たのしいことがない。何をやっても楽しくない。確かあれをすれば楽しかったはずだと懸命に過去の記憶を辿って、むかしは楽しかった事を一生懸命こなそうとしても、ぜんぜんたのしくない。思い切りが足りないんだとか、やる気が足りないんだとか、自分を励ましてたのしそうなことをしてみても、ぜんぜん...