2013年6月7日金曜日

幸せは3日で飽きる。

幸せは3日で飽きると世の人は言う。不幸は3日で慣れると昔から言う。幸せに飽きたところで、所詮幸せは幸せである。幸せは飽きても幸せである。不幸が3日で慣れるというのも、その通りかもしれない。どのような酷い目にあっても、人はそれに適応し、慣れてしまう。けれども、慣れたところで不幸は不幸。何も変わらない。何も良くならない。生憎この人生において、飽きたことも慣れたこともなく、共にその実態はわからない。

つらいことなんてなにもない。

脳味噌が死んでしまえば、つらいことなんてなにもないので、つらいなあと思ったならば、加速的速やかに脳味噌を殺すといいです。まぬけなブログの投稿欄にまぬけなエントリーを書き込んで、まぬけに投稿ボタンを押せば、脳味噌は簡単に死にます。つらいことなんてなにもないです。こんな人生に、脳味噌...