いつの日か僕は空を飛ぶ。

たのしいことがない。インターネットは全然楽しくなくて、すればするほど不快になる。ブログを書くのも全然楽しくないし、ブログを書かないのも全然楽しくない。苦しみが増すばかりだ。自らの理想としている世界がどこかにあって、それと合致していない現実に行き当たっては不満を抱いているんだろうけれど、理想を実現する為の努力はこの場合、まったくの徒労であるか、あるいはより悪い現実を手に入れる為の安易な手法でしかない。おまえの理想は間違っている、おまえの希望は間違っている。おまえの願いは間違っている。おまえの夢は間違っている。心を否定されて僕はどこへ行けばいい。いや、そんなどうでもよいことよりも、事実として間違っていることが問題なのだ。僕は間違った人間で、間違いを正す術はない。豚は腐肉になるけれど、腐肉は豚にはなれぬのだ。たのしいことがない。かなしいことはもう忘れた。いつの日か蠅になって僕は空を飛ぶ。